公益社団法人 日本水道協会
お問い合わせ・案内図 更新履歴 サイトマップ
English
文字サイズ変更 文字サイズ 小 文字サイズ 大
日本水道協会について
事業紹介
各種報告書・Q&A
出版物のご案内
研修会・講習会のご案内
行事・会議予定
水道資料室
水道リンク集
Topics
入会のご案内
Home
 
 
研修会・講習会のご案内
 
研修会・講習会一覧
 
このページの先頭へ戻る
令和元年度研修会開催予定表
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
 
 
参加資格  
備  考 令和元年度研修会開催予定表

令和元年度日本水道協会研修会中期開催案内はこちら
令和元年度日本水道協会研修会後期開催案内はこちら
 
     
 
このページの先頭へ戻る
申込後の研修会キャンセルの取扱いについて
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
 
 
参加資格  
備  考 申込後の研修会キャンセルの取扱いについてはこちら
 
     
 
このページの先頭へ戻る
送金連絡票
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
 
 
参加資格  
備  考 参加費をお振り込みいただいた後、本票をメール又はFAXで送信してください。

送金連絡票はこちら
※ ≪本票は研修会申込書ではありませんので、ご注意ください。≫
 
     
 
このページの先頭へ戻る
川口研修所 最寄り宿泊施設のご案内
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
 
 
参加資格 川口研修所で研修に参加される皆様
※川口センターホテルからスマイルホテル川口に名称が変更となりました。
  なお、川口センターホテルの申込書でも受付しております。
備  考 →詳細はこちら
 
     
 
このページの先頭へ戻る
クールビズの実施について
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
 
 
参加資格  
備  考 本協会では5月1日から9月30日までの期間、会館及び研修施設内の冷房温度を28℃に設定し、クールビズを実施いたします。
つきましては、各種研修会・講習会にお越しの際は、上着、ネクタイはご着用いただかなくても結構ですので、お知らせいたします。
 
     
 
このページの先頭へ戻る
浄水場等設備技術実務研修会(東京会場)
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
第1回 東京都水道局研修・開発センター 令和元年5月14日(火)〜17日(金) 15 会員78,000円 非会員117,000円
第2回 東京都水道局研修・開発センター 令和元年6月18日(火)〜21日(金) 15 会員78,000円 非会員117,000円
第3回 東京都水道局研修・開発センター 令和元年7月9日(火)〜12日(金) 15 会員78,000円 非会員117,000円
第4回 東京都水道局研修・開発センター 令和元年8月6日(火)〜8月9日(金) 15 会員78,000円 非会員117,000円
第5回 東京都水道局研修・開発センター 令和元年9月10日(火)〜13日(金) 15 会員78,000円 非会員117,000円
第6回 東京都水道局研修・開発センター 令和元年10月8日(火)〜11日(金) 15 会員78,000円 非会員117,000円
第7回 東京都水道局研修・開発センター 令和元年11月5日(火)〜8日(金) 15 会員78,000円 非会員117,000円
第8回 東京都水道局研修・開発センター 令和元年12月10日(火)〜13日(金) 15 会員78,000円 非会員117,000円
第9回 東京都水道局研修・開発センター 令和2年1月21日(火)〜24日(金) 15 会員78,000円 非会員117,000円
 
 
参加資格 第1回〜4回、第6回〜9回は水道事業に従事する初級技術者(経験年数1年以上)
第5回は水道関係企業に勤務する初級技術者(経験年数1年以上)
備  考 浄水場・給水所等の運転管理に携わる技術系職員を対象とし、設備の保守・管理に必要な浄水処理の凝集剤注入変更やシーケンスの配線を自ら体験することによって、技術レベルの向上を図ることを目的としています。

開催要領はこちら
参加申込書はこちら
開催要領(中期)はこちら
参加申込書(中期)はこちら
開催要領(後期)はこちら
参加申込書(後期)はこちら

※東京会場第1回は定員となりました
※東京会場第2回は定員となりました
※東京会場第3回は定員となりました
※東京会場第4回は定員となりました
※東京会場第5回は定員となりました
※東京会場第6回は定員となりました
※東京会場第7回は定員となりました
※東京会場第8回は定員となりました
※東京会場第9回は定員となりました
 
     
 
このページの先頭へ戻る
浄水場等設備技術実務研修会(大阪会場)
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
大阪会場第1回 大阪市水道局体験型研修センター 令和元年11月12日(火)〜15日(金) 会員78,000円 非会員117,000円
大阪会場第2回 大阪市水道局体験型研修センター 令和元年12月10日(火)〜13日(金) 会員78,000円 非会員117,000円
 
 
参加資格 水道事業に従事する初級技術者(経験年数1年以上)
備  考 本研修会は、浄水場・給水所等の運転管理に携わる技術系職員を対象とし、大阪市水道局体験型研修センターの訓練用設備を利用して、実際にポンプ実流試験装置を使った実習等、機器類の運転・操作を体験するとともに設備機器の保守・管理の実務を習得することによって、受講者の技術・技能レベルの向上を図ることを目的としています。

開催要領はこちら
参加申込書はこちら
※大阪会場第1回は定員となりました
※大阪会場第2回は定員となりました
 
     
 
このページの先頭へ戻る
漏水防止講座(東京会場)
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
第1回 東京都水道局研修・開発センター 令和元年6月12日(水)〜14日(金) 60 会員28,000円 非会員42,000円
第2回 東京都水道局研修・開発センター 令和元年7月10日(水)〜12日(金) 60 会員28,000円 非会員42,000円
第3回 東京都水道局研修・開発センター 令和元年8月28日(水)〜30日(金) 60 会員28,000円 非会員42,000円
第4回 東京都水道局研修・開発センター 令和元年9月25日(水)〜27日(金) 60 会員28,000円 非会員42,000円
 
 
参加資格 水道業務に従事する技術者
備  考 水道事業における重要な課題である漏水防止について、漏水防止業務に従事する技術者を対象とし、漏水発見機器を見て、さわって、体験することによって、技術者の育成と資質の向上を図ることを目的としています。

開催要領(前期分)はこちら
参加申込書(前期分)はこちら
調書(前期分)はこちら
開催要領(中期分)はこちら
参加申込書(中期分)はこちら
調書(中期分)はこちら
※東京会場第1回は定員となりました
※東京会場第2回は定員となりました
※東京会場第3回は定員となりました
 
     
 
このページの先頭へ戻る
水道技術管理者研修会
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
日本水道協会会議室 令和元年10月29日(火)〜30日(水) 150 会員18,000円 非会員27,000円
 
 
参加資格 水道技術管理者またはこれを補佐する者
備  考 水道事業の直面する技術的諸問題並びに時代に即応する高度な技術について研修を行い、水道技術の向上に資することを目的としています。
開催要領はこちら
参加申込書はこちら
※水道技術管理者研修会は定員となりました
 
     
 
このページの先頭へ戻る
水道技術者研修会(Aコース・Bコース)
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
Aコース 日本水道協会川口研修所 令和元年11月11日(月)〜15日(金) 80 会員50,000円 非会員75,000円
Bコース 日本水道協会川口研修所 令和元年11月25日(月)〜12月6日(金) 10 80 会員90,000円 非会員135,000円
 
 
参加資格 Aコース:水道業務に従事する技術職員(水道暦概ね3年未満)
Bコース:水道業務に従事する技術職員(水道暦概ね3年以上)
備  考 水道に従事する技術者に必要な水道施設の設計、維持管理に関する新知識、新技術について研修・討議を行い、技術水準の質的向上を図ることを目的としています。

開催要領はこちら
参加申込書はこちら
意向調査書(Aコース)はこちら
意向調査書(Bコース)はこちら
※Aコースは定員となりました
 
     
 
このページの先頭へ戻る
水道事故防止研修会
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
東京会場 日本水道協会川口研修所 令和元年11月20日(水)〜21日(木) 60 会員10,000円 非会員15,000円
大阪会場 日本水道協会大阪支所 令和2年2月19日(水)〜20日(木) 60 会員10,000円 非会員15,000円
 
 
参加資格 (1) 浄水場の運転・維持管理に従事する技術職員
(2) 布設工事監督員
(3) リスクアセスメント導入を検討している事業体の技術職員
備  考 水道管路及び浄水場等における事故の未然防止や職員の危機管理対応力の向上等を図るため、事故の原因や再発防止対策等について研修・討議を行い、労働災害及び事故の防止に資することを目的として、新設された研修会です。

開催要領はこちら
参加申込書はこちら

開催要領(大阪会場)はこちら
参加申込書(大阪会場)はこちら

研修使用教材
 (1) 実務に活かす上水道の事故事例集2016(平成29年3月発行)
 (2) 浄水場におけるリスクアセスメントの手引き(平成30年9月発行)
 ※研修使用教材に基づき講義を行うため、教材をお持ちの方は研修会当日、ご持参ください。
 ※研修使用教材をお持ちでない方で、購入される際は本協会ホームページをご覧いただき、「出版物のご案内」→「発行図書目録」→「本協会発行図書の購入方法について」を参照ください。

※東京会場は定員となりました
 
     
 
このページの先頭へ戻る
水道技術者専門別研修会
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
浄水施設部門 日本水道協会川口研修所 令和2年1月20日(月)〜24日(金) 80 会員47,000円 非会員71,000円
機械電気計装部門 日本水道協会川口研修所 令和2年1月27日(月)〜31日(金) 80 会員47,000円 非会員71,000円
給水装置部門 日本水道協会川口研修所 令和2年2月3日(月)〜7日(金) 80 会員47,000円 非会員71,000円
 
 
参加資格 水道業務に従事する実務経験概ね3年以上の技術職員
備  考 水道技術に関する分野を専門別に6部門に分け、そのうち毎年3部門ずつ中堅技術者を対象に研修を行い。技術職員の専門的知識の向上に資することを目的としています。

開催要領はこちら
参加申込書はこちら
調書(浄水施設部門)はこちら
調書(機械電気計装部門)はこちら
調書(給水装置部門)はこちら

※浄水施設部門は定員となりました
※機械電気計装部門は定員となりました
※給水装置部門は定員となりました
 
     
 
このページの先頭へ戻る
水道施設耐震技術研修会(東京会場)
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
東京会場 日本水道協会 川口研修所 令和元年12月11日(水)〜13日(金) 100 会員21,000円 非会員32,000円
 
 
参加資格 水道施設の耐震設計業務等に携わる者
(設計経験概ね3年以上、または、耐震設計の経験概ね1年以上)
備  考 水道事業において重要な課題となっている水道施設の耐震化について、実務に活用できる体系的知識の習得を目指すことを目的としています。

開催要領はこちら
参加申込書はこちら
※水道施設耐震技術研修会(東京会場)は定員となりました
 
     
 
このページの先頭へ戻る
水道施設耐震技術研修会(大阪会場)
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
大阪会場 日本水道協会大阪会館 令和2年2月12日(水)〜14日(金) 80 会員21,000円 非会員32,000円
 
 
参加資格 水道施設の耐震設計業務等に携わる者
(設計経験概ね3年以上、または、耐震設計の経験概ね1年以上)
備  考 水道事業において重要な課題となっている水道施設の耐震化について、実務に活用できる体系的知識の習得を目指すことを目的としています。

開催要領はこちら
参加申込書はこちら
調書はこちら
※水道施設耐震技術研修会(大阪会場)は定員となりました
 
     
 
このページの先頭へ戻る
配管設計講習会
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
北海道会場 北海道立総合体育センター(北海きたえーる) 令和2年1月8日(水)〜10日(金) 50 36,000円
東北会場 カメイアリーナ仙台(仙台市体育館) 令和元年9月18日(水)〜20日(金) 50 36,000円
関東会場(第1回) 日本水道協会川口研修所 令和元年7月24日(水)〜26日(金) 50 36,000円
関東会場(第2回) 日本水道協会川口研修所 令和2年1月15日(水)〜17日(金) 50 36,000円
関東会場(第3回) 日本水道協会川口研修所 令和2年2月19日(水)〜21日(金) 50 36,000円
中部会場 名古屋市上下水道局人材育成推進室船附研修会館 令和元年8月6日(火)〜8日(木) 50 36,000円
関西会場 日本水道協会大阪会館 令和元年12月4日(水)〜6日(金) 50 36,000円
中国四国会場 香川県社会福祉総合センター 令和元年8月21日(水)〜23日(金) 50 36,000円
九州会場(第1回) 福岡市水道技術研修所 令和元年10月30日(水)〜11月1日(金) 50 36,000円
九州会場(第2回) 福岡市水道技術研修所 令和元年12月18日(水)〜20日(金) 50 36,000円
 
 
参加資格 水道事業体職員又は設計業者等の水道技術者
備  考 「配水管の設計に関する基礎知識」から「ダクタイル鋳鉄管を基本とした製図・積算」までの実務能力の習得を目的としています。

※関東会場第3回を追加開催することといたしました。
講義内容、開催場所については関東会場第1・2回から変更はございません。


ご案内はこちら
参加申込書はこちら
※東北会場は定員となりました
※関東会場第1回は定員となりました
※関東会場第2回は定員となりました
※関東会場第3回は定員となりました
※中部会場は定員となりました
※関西会場は定員となりました
※中国四国会場は定員となりました
※九州会場第1回は定員となりました
※九州会場第2回は定員となりました
 
     
 
このページの先頭へ戻る
配水管工技能講習会
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
 
 
参加資格

2019年度配水管工技能講習会の受講申込みを開始しました。



※郵送での申込みは可
※電話予約、FAXでの申込みはできません。


下記リンク参照
備  考 申込みのページはこちら
 
     
 
このページの先頭へ戻る
令和元年度水道技術管理者資格取得講習会
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
東京会場第1回 日本水道協会会議室 令和元年9月19日(木)〜10月10日(木) 15 80 260,000円(学科:128,000円、実務:132,000円)
東京会場第2回 日本水道協会川口研修所 令和元年9月26日(木)〜10月17日(木) 15 80 260,000円(学科:128,000円、実務:132,000円)
大阪会場 日本水道協会大阪会館 令和元年10月8日(火)〜10月30日(水) 15 80 260,000円(学科:128,000円、実務:132,000円)
福岡会場 福岡市水道技術研修所 令和元年11月13日(水)〜12月3日(火) 15 80 260,000円(学科:128,000円、実務:132,000円)
 
 
参加資格 本講習会の受講資格は次の各号の一に該当し、かつ勤務先の所属長の推薦を受けた方とします。
1)学校教育法による高等学校を卒業した者、またはこれと同等以上の学力を有すると認められた者
2)旧中学校令(昭和18年勅令第36号)による中等学校を卒業した者、またはこれと同等以上の学力を有すると認められる者
3)外国の学校卒業者は、その教育内容が日本の学校教育法による高等学校卒業者と同程度以上の学力を有すると認められる者
備  考 ・学科講習終了後、15日間の実務研修があります。
・参加希望の方は参加申込書等を日本水道協会研修課まで郵送して下さい。
・参加申込期間は4月22日(月)〜6月7日(金)(消印有効)です。
開催要領はこちら
申込書はこちら
受講料の積算内訳はこちら

福岡会場を希望される受講生の方へ

※今年度の申込受付は終了いたしました
 
     
 
このページの先頭へ戻る
平成30年度水道技術管理者資格取得講習会 実績および収支報告
 
区 分 開催場所 開催期日 日 数 定 員 参加費
 
 
参加資格  
備  考 本協会では、水道法第19条第3項に規定されている水道技術管理者の資格を取得しようとする方を対象とし、同法施行規則第14条第3号により厚生労働大臣の登録を受け、標記講習会を実施しております。

平成30年度においては、下記のとおり講習会を実施したので、実績および収支を報告いたします。

平成30年度水道技術管理者資格取得講習会 実績報告書

平成30年度水道技術管理者資格取得講習会 収支報告書
 
     
 
 
     
  このページの先頭へ戻る  
 
 
Copyright